OIAS音楽室

オイアスクール音楽室

 このコーナーではオリジナル楽曲を紹介しています。もしかしたらあなたに好きになってもらえる曲があるかもしれません。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★OIAS所属アーティスト福場将太の未CD楽曲を当サイトで限定配信中!現在試聴無料!

2013/02/09公開開始

2013/09/08公開開始

2014/07/11公開開始

2015/03/04公開開始


<アーティスト紹介>
 福場将太(ふくば・しょうた)
 OIAS代表者の岡田憲司とかつて広島県でAREA51というユニットを組み活動。AREA51活動休止後上京しソロでライブハウスや野外イベントにてギター弾き語りで活動。CDも数枚発表しており、その一部は現在でもアサキミュージックより発売されている。今回岡田憲司のOIAS立ち上げに伴い所属第1号アーティストとして契約。OIASオリジナルCD第1弾「弾き語りスペクトラム」を現在製作中。

本人から一言:
「久し振りに憲司くんと活動できて、あの頃に戻ったみたいにワクワクしてます。何歳になっても好きなことを続ける、それが僕たちのテーマなんだと思います」

How to (作詞・作曲・編曲:福場将太)
わざとうっかり お酒の力を借りて
君に「今でも好きだ」とか言ってみるけど
なんとやっぱり 「絶対恋は生まれない」と
あの日と同じ牽制球が飛んできた

みんな社会人になって 時々しか会えなくなって
でもこんなに ほら余計に お互いのこと愛おしくなるなら
…悪くないじゃん!

僕ら一生懸けたって宇宙の設計図の
基礎の基礎を解読する程度だね
もっと大きくなれたって月まで届きゃしない
でも でもさ 君になら届くかな


なんかすっかり こなれてきてしまっている
最高の医療も最高の音楽も
何かさっぱり 影も形も見えないけど
必ずどこかにあるような気はしてるから

まだベッドの上のあいつも もうこの世にいないあいつも
ああごめんよ でも悲劇のヒロインだとかそんな柄じゃないだろ
…らしくないじゃん!

僕ら一生懸けたって命の触り方の
初歩の初歩を勉強する程度だね
ちょっとやそっとのことで運命は変えられない
でも でもさ 人生なら変えられる


みんな社会人になって 色んなものがくっついて
でもところで もう最後の想い出作りこれで何回目だっけ?
…きりがないじゃん!

僕ら一生懸けて未来に咲かす花の
種の種をきっと蒔いているんだね
問題は山積みだってこうして笑い合える
OB OG 先輩 後輩 同級生
…ありがたいじゃん!

僕ら一生懸けたって心の使い道の
コツのコツをちょっとつかむ程度だね
いくら迷惑かけたってひとりじゃ生きてけない
みんな みんな いつまでもありがとね
これからもよろしくね!

スローライフ (作詞・作曲・編曲:福場将太)
また僕はイライラしている
君の小さな嘘 流せないでいる
またあの人は怒っている
事情は知らないが 色々あるのでしょう

少しずつ少しずつ少しずつ
ゆとり持てないかな

Slowly in my life,so lonely in my heart.
ゴロリ寝転がって のんびりいこうよSlow life


またこの国が揺らいでいる
でもそんなことよりも 家庭の一大事
また悲しみが報じられる
それはいつ誰にでも 起こりうるのでしょう

少しずつ少しずつ少しずつ
今は焦らないで

Slowly in your life,so lonely in your heart.
ホロリ涙流して 立ち止まればいいSorrow time


また身動きだとれなくなる
考えるべきことが いつも多すぎて
でも君のこと想っている
たまにはそれだけの 理屈で生きてタイ

少しずつ少しずつ少しずつ
夢を叶えていこう

Slowly use more time.Do not worry,lose more time.
ペロリ舌を出して 照れ笑いもしながら

Slowry in my life, so lonely in my heart.
ゴロリ寝転がって のんびりいこうよSlow life
のんびりいこうよSlow life

ある恋の結末 (作詞・作曲・編曲:福場将太)
「おめでとう」とちゃんと言う
練習もままならぬうちに
ついに今日がやってきた
君の名前が変わる

でも大空の下 鐘が鳴って
白いドレスの嬉しそうな君を見たら

どうして君が好きだったのか
やっとわかった気がしたよ
何位も出来ない男だけど ねぇ
好きでよかったと思ってる


「おめでとう」と結局言えず
小さな男だと思う
でも幸せにな どうか幸せに
それは心から言えた

やっぱ俺のとこにいた方が
よかったんじゃないの? なんて思わせないでくれよ

どれほど君が好きだったのか
今頃わかっても仕方ないね
たいしたことない女だけど ねぇ
君でよかったと思ってる


どうして君が好きだったのか
やっとわかった気がしたよ
幸せになるその資格が ねぇ
君にはあるよ 大丈夫

HOPE SONG (作詞・作曲・編曲:福場将太)
ほらまた君はそうやって ほらまた僕はこうやって
気付いてほしい気持ちの欠片を 言葉の端々に散りばめても
うまくいかない 伝わらないね

結局何がどうなって 僕らはどこへ行くのだろう
悲しみは一生付きまとうが そのおかげで出逢えた人たちが
喜びをくれるのならそれもあり

何でもないことで笑って どうでもいいことで好きになって
職場の片隅に転がった 笑いを拾い集めて
意味なんかないけど楽しくて 理由なんてないけど大好きで
不機嫌そうな顔するより ずっとずっと幸せに近いんじゃないかな


命は生きるためにある 心は笑うためにある
そんな綺麗事じゃ乗り越えられない 現実の壁は聳え立つが
君と落書きをすればそれもアート

根拠のないものを信じて とんでもないことを夢に持って
記憶の奥底に留まった 勇気を奮い立たせて
価値なんかないけど必要で 数字じゃないけど財産で
楽しむために明日を生きる きっときっとそのことに尽きるんじゃないかな


何でもないことで笑って どうでもいいことで好きになって
絶望の淵に散らばった 希望を繋ぎ合わせて
矛盾してるけど生きていく 不謹慎だけど生きていく
人知れず生まれ消えていく 光を刻み込ませて
意味なんかないけど楽しくて 理由なんてないけど大好きで
不機嫌そうな顔するより ずっとずっと幸せに近いんじゃないかな

あと一回地球がまわるまで (作詞・作曲:福場将太 編曲:礒神)
身を寄せる度に近づくのは 君じゃなくサヨナラで
あの頃の未来も誓いも
過信が見せた幻なの?

誰かと愛し合う物語に やっぱり憧れてた
それが今じゃ冷たい夜で
残酷すぎる結末をただ待つだけ

あと一回地球がまわるまで
愛はなくてもこのままそばにいて
これからも地球は僕たちを乗せてまわり続けるのだろう


何がこんなに苦しいのか 孤独を避けてるから?
追いつめてる君の言葉は
相変わらずに正直だね


何もかもを捨てたくなるよ
この気まずい部屋とともに

あと一回地球がまわるまで
できる限りに君を憶えていよう
もう何も話すことなんてない
こんなにも気持ちだけ溢れてるのに
これからも地球は僕たちを乗せてまわり続けるのだから

誰よりも大事な女性なのに
あと一回地球がまわったら

孫悟空 (作詞・作曲・編曲:福場将太)
君の好きなあの映画は何だっけ
弁護士が出てくるやつだよ
どうしてもどうしても 思い出せないんだ

君と行ったあのお店は何だっけ
ほらフランス語みたいなやつだよ
どうしてもどうしても 思い出せないんだ

単純明快そんなもんは 君を好きってことでカバーしてる
全問正解しなくたって 君と笑ってられりゃそれでいい


君のフッたあの男は誰だっけ
飲み会でしつこいやつだよ
どうしてもどうしても 思い出したくない

君の使うあの胃薬何だっけ
もう販売はしてないやつだよ
どうしてもどうしても 思い出せないんだ

エンジン全開どんなもんだい 君を好きって言葉オーバーじゃない
単純計算してみたって それは無理ってこともきっとあって
斉天大成孫悟空は 今日も翔っていくよ 雲の上
天網恢恢疎にして漏らさず ちゃんと守っていくよ 君のこと


君を好きなその理由は何だっけ
時々わからなくなるけど
どうしてもどうしても 嫌いになれないんだ
好きしか有り得ないんだ

世界一の放課後
(作詞・作曲・編曲:福場将太)

夢を追う子供みたいに 小さな世界を旅して
傷つける意味も知らずに 身近な誰かに恋した

お互いがお互いを好きと言える日まで 僕らずっと待ってたんだ
開かない戸を叩いて 羽ばたいて輝いて そんな将来を思ってた
あの頃は

アカシアの魔法 まだ騙されてたい
ヘタクソな音楽でも 幸せのリズム


アルバムの中の自分に 合わせる顔がないような
生き方を選びもしたよ 大事な櫓を崩して

疑いが疑いを呼んでしまう前に 何でもっと信じないんだ
泣かないで戦いを 場違いな生きがいを 今日もポケットにしまってる
もう一度

オフショアの悪戯 また好きになりたい
無茶苦茶な理屈でも 情熱のパズル


優しさも 悔しさも 寂しさも 愛しさも
何一つ卒業できてないけれど それでいいんだ

お互いがお互いを好きと言える日まで 僕らずっと待ってる
いつまでも

アカシアの魔法 まだあきらめてない
ヘタクソな音楽でも 幸せのリズム

Just in a song
(作詞・作曲:福場将太 編曲:山田重徳)

笑ってくれるそれだけで こんなにこんなに幸せなのに
独り占めしたいなんて 本当に本当に欲張りだよね

眠れない夜はただ君の言葉を思い出す
少しでもその意味が汲み取れるように

歌の中でならもう何度 夢の中でならもう何度
口にできた言葉は いつの日も君を見守ってる


今がずっと続けばいい どんなにどんなに望んでみても
あんな素敵な思い出は 何年何十年もうないだろう

やっと巡り逢えたとついに心が鐘を打つ
早く馬鹿な迷いを摘み取れるように

風の中へならもう何度 雨の中へならもう何度
掻き消された言葉は いつもこの胸で戸惑ってる


嬉しいこと 悲しいこと ひとつひとつまた重ねていきたい
君だけを想って ただ

歌の中でならもう何度 夢の中でならもう何度
風の中へならもう何度 雨の中へならもう何度
口にできた言葉は いつの日も君を
見守って 戸惑って 高鳴ってる

イシュタル
(作詞:福場将太 作曲:山田重徳 編曲:福場将太)

夢中で走った枝分かれの道 途中で気づけばずっと一本道
迷うはずないのに 同じ所を行ったり来たり
後ろも前にも人影はなくて 一緒に走ってたあいつらはどこへ
勝ったのか負けたのか レフェリーは誰だよ

馬鹿らしくなって どうせ誰も見てないさ 休んじゃえ
でも心の底 一粒 まだ意地が溶け残ってる

何のあてもない道でも前に進もう
それしか今の僕にできることはもう残ってない


あの時君にも確か言われたね あなたはみんなを馬鹿にしていると
そうかな そうだね 自惚れることに自惚れていたよ
夕日が荒野を染めていくように あるいは日暮れが影を呼ぶように
励ましも冷やかしも ギャラリーはもういない

輝いたものが こうもたやすく色褪せ朽ちるのか
渇いた砂漠が 一粒 落ちた涙で潤う

月明かりのない夜でも旅は続く
どうして闇の中に咲く花ほど甘く薫る


暁の空に 一粒 かすかに星が光ってる

何のあてもない道でも前に進め
その手に鞘の中で錆び付いてる剣を抜け
どうした 行ける所まで行けばいい 明日を越えて
それこそ僕が僕に勝つことだともうわかっている
さあ先を急げ さあ前に進め
楽しい職場を作りましょう
(作詞・作曲・編曲:福場将太 ストライキ:川ちゃん)

なんか最近じゃ落ち込む周期が早くなって
ハア… 独りぼっちの夜ばっかり
そんな見解じゃいけないってわかっちゃいるけど
ハア… これっぽっちの暇もない

そんな悠長なこと言わないで こっちは生活がかかってんのよ
やりたいこと やらされること どっちも大切

イライラしないで ムカムカしないで
ほんのちょっとエレベーター来なかったくらいで
ピリピリしないで ギスギスしないで
ほんのちょっと嫌味なことされちゃったくらいで
怒ったら自分の負け 大きな心でさあ受け流せ


そして恋愛も妥協・卑怯が日常茶飯事
ハア… 相手がいるだけ幸せか
みんなそんなもんなんだって悟っちゃいるけど
ハア… どっかで納得できてない

もし僕がクビになっても 君は好きでいてくれるの?
そんなことを考えても 何にも変わらない

クヨクヨしないで オロオロしないで
ほんのちょっとウエスト太くなったくらいで
メソメソしないで ウジウジしないで
ほんのちょっとミステイク重なっちゃったくらいで
自分からは逃げられない 真摯な態度でさあ受け止めろ


ドキドキしてるよ ワクワクしてるよ
ほんのちょっと君と手と手が触れただけで
好きなことしようよ したいことしようよ
何もかも嫌になっちゃった時くらいは
いつの間にか社会人 あなたが支える明日のGNP

イライラしないで ムカムカしないで
ほんのちょっとエレベーター来なかったくらいで
ピリピリしないで ギスギスしないで
ほんのちょっと嫌味なことされちゃったくらいで
怒ったら自分の負け 大きな心でさあ受け流せ

キラキラしようよ 生き生きしようよ
ソングライターの幸福
(作詞・作曲・編曲:福場将太)

本当に笑ってるの? 本当に大丈夫なの?
あなたを見るとまた訊きたくなる
正直わからなくて 何にもできないまま
後ろ姿に戸惑い投げかけるだけ

あなたが眠りにつく頃に ギターと鉛筆は起き出して
言えない言葉は星になる ノート一冊の中の宇宙

あなたに気に入ってもらえるかな この歌詞は
あなたに微笑んでもらえるかな この曲は
ソングライターは夢見る


本当に楽しいこと 本当に嬉しいこと
見つけ出したら一番に教えるから

あなたが涙隠す夜も ヘタクソなピアノと五線紙で
想い出と音符を並べてく いつかはあなたに聴いてほしい

あなたの傷口を包めないね この歌じゃ
あなたの悲しみに届かないね この音じゃ
ソングライターは無力だ


やがて奪われてしまう物を 抱きしめながらみんな生きてる
今の気持ち 今の命を 歌にしたところで何にもならない
けど

あなたに楽しんでもらえたなら それだけで
あなたに喜んでもらえたなら それだけで
ソングライターは幸せ

あなたに振り向いてもらいたくて 懲りもせず
あなたの魂に響くように 飽きもせず
ソングライターはソングライターは
ただ曲を作るだけ
僕達の存在価値
僕達の存在価値
(作詞・作曲:福場将太 編曲:Recipe)

自分の存在価値なんて 自分で築くしかないじゃん
他人に心許せないで 信頼なんて手にできない

たいして美形じゃなくたって これといった特技なくたって
話の合う趣味がなくたって
それを全部ひっくるめて 君の取り柄なんだよ
そうどんな時だって君はそこにいる

誰かのために何かより
大切なのは 君自身君が好きなこと
いつも自分と生きてれば
最良の道を行けるはずさ そして僕は味方だよ


いいことばかりじゃないけれど 逃げたら寝てるのと一緒さ
孤独に退屈に生きるより 何遍でも挑戦しよう

ひどく失恋しちゃったって 恋をするの怖くなったって
全ての出逢いを拒んでちゃ
誰か好きになっても 何もできないんだよ
そう最大に可能性使って生きてみよう

自分なんかいなくたって
認めちゃダメさ 誰だって大事な個人だよ
鏡覗いて笑えれば
最大の夢も夢じゃないさ いつも僕は味方だよ


誰だってVIP 君が全てなんだよ
もうどんな時だって僕はここにいよう

誰かのために何かより
大切なのは 僕自身僕が好きなこと
二人とない自分だから
絶対に手放しちゃダメさ 僕達の存在価値
OIASトップページに戻る